Azure

SQL Server で照合順序 Japanese_CI_AS どこ消えた?あった。

はじめに

くどうです

SQLServerをインストールしていた時気づいたのでメモ。

照合順序

Azureの仮想マシンではローカライズしたい場合、英語から日本語へ変更する必要があり、イメージは用意されていません。
そこで、日本語環境にしてあげる必要があります。

その過程で「地域-管理-Unicode対応でないプログラムの言語」が日本語が設定されていなかったため
SQL Server 2014のインストール過程で照合順序「Japanese_CI_AS」が出てこず・・・・

「地域-管理-Unicode対応でないプログラムの言語」が日本語が設定
sqllocate1

問題なくインストールでJpanaese_CI_ASがでました。
sqllocate2

まとめ

SQL ServerってUnicode対応じゃないのか?って疑問がわいてきましたが、知っている人は知ってると思ういますorz
Azureでは、特にWindowsは英語から日本語へ変更するという過程を踏みます。
そのため、日本語にローカライズしたソフトウェアなどで問題が発生ないとは限りません。
気を付けて確認したいところでもあります。ローカライズって難しいですね。
英語で使いたいですが・・・お客さんの環境ではね・・・

ではでは

Related post

  1. Azure

    WordPressをAzureWebSiteに移行する方法

    最近は、WordPressを利用する人も多くなってきました。そこで、…

  2. Azure

    Azureのシンボルをpngに変換してみた。I converted the symbol of Az…

    どうも、くどうです。Azureのシンボルは提供されています。しかし…

  3. AWS

    AzureとAWSを接続してみようと思うけどどうやるの?

    はじめにくどうです。2015年初投稿です。クラウド間で接続して…

  4. Azure

    AzureでFreeBSD!Marketplaceから簡単に利用できるようになった。

    はじめにくどうですあなたはFreeBSDユーザーですか?…

  5. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。

    はじめにくどうです。東京であつくて溶けました。 最近では、AW…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。
  2. dev

    Visual Studio 2017 をインストールしようとしたけど失敗、でも解…
  3. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて
  4. Azure

    Application Gateway web application fire…
  5. Azure

    SCOMで監視できるAzure(リソースマネージャ側)のサービス
PAGE TOP