Azure

SQL Server で照合順序 Japanese_CI_AS どこ消えた?あった。

はじめに

くどうです

SQLServerをインストールしていた時気づいたのでメモ。

照合順序

Azureの仮想マシンではローカライズしたい場合、英語から日本語へ変更する必要があり、イメージは用意されていません。
そこで、日本語環境にしてあげる必要があります。

その過程で「地域-管理-Unicode対応でないプログラムの言語」が日本語が設定されていなかったため
SQL Server 2014のインストール過程で照合順序「Japanese_CI_AS」が出てこず・・・・

「地域-管理-Unicode対応でないプログラムの言語」が日本語が設定
sqllocate1

問題なくインストールでJpanaese_CI_ASがでました。
sqllocate2

まとめ

SQL ServerってUnicode対応じゃないのか?って疑問がわいてきましたが、知っている人は知ってると思ういますorz
Azureでは、特にWindowsは英語から日本語へ変更するという過程を踏みます。
そのため、日本語にローカライズしたソフトウェアなどで問題が発生ないとは限りません。
気を付けて確認したいところでもあります。ローカライズって難しいですね。
英語で使いたいですが・・・お客さんの環境ではね・・・

ではでは

Related post

  1. Azure

    他社さんの、社内勉強会に行ってきた。

    はじめにくどうです。9/8にNTTPCコミュニケーションズさんの…

  2. Azure

    Azureのリソースをもっとライトに管理運用しよう。

    はじめに くどうです。 Azureを管理する方法として…

  3. Azure

    Deep Security User Night #3 に参加してきました。

    はじめにくどうですDeep Security User N…

  4. Azure

    CacooでAzureのステンシル、テンプレートが使えるようになった。

    はじめにヌーラボさんのCacooですがAzureのステンシル、テン…

  5. Azure

    Serverless Framework が Azure Functionsをサポートしました。これ…

    はじめにくどうです。Serverless Framewor…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    WordPressをAzureWebSiteに移行する方法
  2. Kubernetes

    fluentd-kubernetes-daemonset のパラメーターについて…
  3. セキュリティ

    おれ、CySecの講座受講するってよ。
  4. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。
  5. 日記

    Surface Pro 3が家で眠っているのでBRYDGE 12.3を注文した。…
PAGE TOP