未分類

「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(3)

「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(2)ではFedora5のインストールで終了しました。
今回は、すでにインストールしたFedora5と、Virtual Serverの設定を行いたいと思います。

■Fedora5を起動する
インストール終了後、リブートされますので待ちましょう。
起動後はユーザはいないのでrootでログインします。

起動中

ログイン

YahooにでもPing打ってみましょう。

# ping yahoo.com
ping: unknown host yahoo.com

なんて出て、反応なしのはずです。
実は「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(1)で設定した、バーチャルサーバの設定が間違っていました。
変更しましょう。ネットワーク アダプタの設定の接続先が「内部ネットワーク」になっています。
「外部ネットーワーク」に変更します。バーチャルマシン起動中に変更を行っても問題ないです。

ネットワークアダプタ

変更後はPingがちゃんと飛ぶと思います。Pingが飛べばネットワーク周りは問題ないとです。
特に、今回は検証なのでセキュア面の話はなしです。

■アドオンソフトをインストール
「VMAdditionsForLinux.iso」をマウントします。
「CD/DVD」からイメージを変更しましょう。既知のイメージから選択できます。

次に、バーチャルマシン上でマウントします。
# mount /dev/cdrom /mnt
# cd /mnt/VMAdditionForLinux

READMEがあるので読んでおいてください。

vmadd-install.run を動かしてインストールもできるようですが、いきなりエラーが出ます
なので直接rpmをインストールします。

#rpm -ivh *.rpm

ここでもエラーが発生します。
vmadd-kernel-module
vmadd-full
vmadd-scsi
この3つがインストールできないと思います。
吐き出されたエラーログをみるとkernel sourceがないといわれているのがわかります。
ではkernel sourceを入れます。
今回はこれまで・・・・w

Related post

  1. 未分類

    National Information Security Center

    コレだけ聞くとナショナルのサービスかなんかと間違いそうだが内閣官房情…

  2. 未分類

    バックアップを取りましょ その2 (SystemRescueCDでバックアップ)

    バックアップを実際に行うわけですが対象は丸ごとです・・・ディザスタ・…

  3. 未分類

    超メモ:Windows 10 IoTで使えるコマンドレット

    メモ。忘れないうちに接続方法 コマンドレット …

  4. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(後編)

    さて、今回は後編として使えそうな機能はないのか、検証していきたいと思い…

  5. 未分類

    バックアップを取りましょ 番外編 (SystemRescueCDをUSBに入れる)

    SystemRescueCDはCDではなくUSBに入れることができます…

  6. 未分類

    仮想化技術ってつかえるの?

    一台のサーバに複数のOSをいれちゃって物理リソースを共有しちゃう技術で…

  1. Azure

    Azureのシンボルをpngに変換してみた。I converted the sy…
  2. Azure

    Azureポータルの地味なキーボードショートカット
  3. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール…
  4. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて
  5. Azure

    Add-AzureAccountに失敗する時の対処方法は、Clear-Azure…
PAGE TOP