AWS

お気軽にSlackで死活監視してみる

はじめに

くどうです

お気軽にSlackで死活監視。
疎通確認が行えなくなったらSlackにポストするだけのbatchっす。

設定

事前設定としてIncoming Webhookをチャンネルで有効に必要があります。
https://xxxxx.slack.com/services/new/incoming-webhook

inwebhook

有効にした後、アドレスが配布されるので埋め込むのでコピーしておきましょう。
inwebhook2

以下は監視用のサーバーへping.shなど適当なファイル名で保存します。
チャンネル名、アイコン名、アドレスは変更しましょう。
ping のタイムアウトなどは環境で変更してください。
5秒間隔で監視しています。

使い方

こんな感じ

inwebhook3

まとめ

Slackを利用して開発とかやってると意外と便利かも。

関連記事

  1. Azure

    FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。

    はじめにくどうですオンプレを扱っていた時に慣れ浸しんだ、F…

  2. Azure

    Azure App Service EnvironmentにWordPressを展開する方法

    はじめにAzure App Service Environment…

  3. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。

    はじめにどうも、くどうです。今回は、Microsoft Azure…

  4. Azure

    Azure DNS をポータルから使ってみた。シンプルです。

    はじめにくどうです。Azure DNS がポータルから操作…

  5. Azure

    Runbook ギャラリーの Start Azure V2 VMs / Stop Azure V2 …

    メモ:Start Azure V2 VMs / Stop Azure …

  1. AWS

    AWSのCentOS7、RHEL7でhostnameとtimezoneを設定
  2. 日記

    MVP for Azure なのでMVP Global Summit に参加して…
  3. Azure

    Azure Database for MySQL PreviewのServer …
  4. セキュリティ

    おれ、CySecの講座受講するってよ。
  5. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
PAGE TOP