AWS

お気軽にSlackで死活監視してみる

はじめに

くどうです

お気軽にSlackで死活監視。
疎通確認が行えなくなったらSlackにポストするだけのbatchっす。

設定

事前設定としてIncoming Webhookをチャンネルで有効に必要があります。
https://xxxxx.slack.com/services/new/incoming-webhook

inwebhook

有効にした後、アドレスが配布されるので埋め込むのでコピーしておきましょう。
inwebhook2

以下は監視用のサーバーへping.shなど適当なファイル名で保存します。
チャンネル名、アイコン名、アドレスは変更しましょう。
ping のタイムアウトなどは環境で変更してください。
5秒間隔で監視しています。

使い方

こんな感じ

inwebhook3

まとめ

Slackを利用して開発とかやってると意外と便利かも。

関連記事

  1. Azure

    elasticsearch + kibana を5分ぐらいで構築する。

    くどうです。Azure上にelasticsearchを5分で構…

  2. Azure

    Azureのアラートって簡単にPagerDutyと連携できるんです。そっからSlackとも連携できる…

    はじめにくどうです。Azureではアラートの設定がポータルから…

  3. AWS

    homebrew でクラウド各社のcliをインストールする方法

    MacbookをセットアップしているのでメモAzure CLI…

  4. Azure

    LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!

    はじめにくどうです。皆さんは、LinuxConをご存知でし…

  5. Azure

    Add-AzureAccountに失敗する時の対処方法は、Clear-AzureProfileを実行…

    はじめにくどうです。Remove-AzureAccountでアカウ…

  1. AWS

    mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。
  2. Azure

    Azure Active Directory のBasic とかPremium …
  3. Azure

    App Service (Web Apps) でPerl CGIを動作させる。立…
  4. お知らせ

    第10回北海道情報セキュリティ勉強会を開催します!
  5. Azure

    Azure Application Gateway 上でLet’s Encryp…
PAGE TOP