Azure

AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。

はじめに

くどうです。東京であつくて溶けました。

最近では、AWSからAzureへ移行するケースが増えています。
そこで、数回に分けてAWSからAzureへの移行パターンを考えてきたいと思います。

NAT設置パターン

はじめ、よくあるパターンとしてNAT設置パターンを考えていきます。

NATを構築する理由として、プライベートセグメントを作成する場合によくあります。
プライベートセグメントから外部へ通信を行うために必要とします。
以下の図をもとに要件をまとめていきたいと思います。

  • プライベートのセグメントを作成する。
  • Availability Zone によって冗長構成を作成する。
  • NATを設置する。
  • ルートテーブルでプライベートセグメントのデフォルトゲートウェイをNATにする。

toazure_nat_01

では、この要件をAzureに適用した場合を考えていきます。

  • プライベートセグメントは、仮想ネットワーク内でサブネットを分割して実現します。
  • AZの冗長構成は、可用性セットにより実現します。
  • NATを設置します。
  • User Defined Routes でプライベートセグメントのデフォルトゲートウェイをNATに設定します。

toazure_nat_02

こう見ていくと AWS から Azure へ移行するのも簡単ですね。

おわりに

Azure だからできない?とかはありません。基本 AWS でできることは Azure できます。
AWS から Azureへの移行も簡単に行えます。これに加えて、EC2 インスタンスも Azure Site Recovery を利用すると簡単に移行ができます。
次回は、Step by Stepで構築方法を解説していきたい思います。
ではでは、良い Azure Life を。

関連記事

  1. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かもよ。

    はじめにくどうです。前回の投稿では概要だけ説明しました。Azur…

  2. Azure

    ルートテーブルもPowerShellではなくポータルで設定できます。

    はじめにくどうです。本日2本目です。以前はルートテーブ…

  3. AlibabaCloud

    Azure、AWS、GCP、Alibaba CloudのCPU脆弱性対応のまとめ

    くどうですCPUの脆弱性が公開されて各クラウドベンダーが対応し…

  1. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(2) マネージャ編
  2. Azure

    WindowsコンテナでWebサーバー!IISだって動きます!
  3. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。
  4. AWS

    Storage Gateway を Windows Server バックアップの…
  5. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)
PAGE TOP