elasticsearch + kibana を5分ぐらいで構築する。

2018年2月17日

くどうです。

Azure上にelasticsearchを5分で構築する方法です。
ドキュメントに書いていることとあまり変わりないです。
あと5分はVMが立ち上がる時間を抜いた時間です。ご勘弁ください。

インストール対象はUbuntu16.04です。

インストール作業

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install openjdk-8-jdk
wget -qO - https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch | sudo apt-key add -
echo "deb https://artifacts.elastic.co/packages/6.x/apt stable main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/elastic-6.x.list
sudo apt-get update && sudo apt-get install elasticsearch kibana
sudo /bin/systemctl daemon-reload
sudo /bin/systemctl enable elasticsearch.service
sudo /bin/systemctl enable kibana.service

elasticsearch設定ファイルの編集

sudo vi /etc/elasticsearch/elasticsearch.yml
#network.host: 192.168.0.1
network.host: 0.0.0.0

kibana設定ファイルの編集

sudo vi /etc/kibana/kibana.yml
#server.host: "localhost"
server.host: "0.0.0.0"

サービスを起動

service elasticsearch start
service kibana start

Elasticsearchの確認

curl http://localhost:9200

Kibanaの確認

curl http://localhost:5601

あとは、Azure PortalなどからKibanaへアクセスするためポート:5601をNSGより許可します。

ブラウザからアクセスしてTOP画面がみれたら完了。
http://グローバルIP:5601

elasticsearchにLogsstachやFluentdでぶっこんで可視化する環境は準備できました。
どんどんぶち込んでください。

注意:あくまでも検証用です。