Azure

Azure Container Appのコンテナーアプリにシェル接続する

はじめに

Azure Container Appを立ち上げてデバックなどで内部にアクセスしたい場合もあると思います。

そんな時は、対話型シェルを利用できます。

前提

Azure CLIが利用できること

AzureContainerApps拡張機能が利用できること

az login
az upgrade
az extension add --name containerapp --upgrade
az provider register --namespace Microsoft.App
az provider register --namespace Microsoft.OperationalInsights

対話型シェル

接続方法はexecを使用します。

az containerapp exec --name
                     --resource-group
                     [--command]
                     [--container]
                     [--replica]
                     [--revision]
az containerapp | Microsoft Docs
az containerapp | Microsoft Docs

docs.microsoft.com

実行してみると接続できます。

# az containerapp exec -n helloworld -g apps
INFO: Connecting to the container 'helloworld'...
Use ctrl + D to exit.
INFO: Successfully connected to container: 'helloworld'. [ Revision: 'helloworld--d8gna44', Replica: 'helloworld--d8gna44-64d685885d-f5vb5']
# ls
bin  boot  dev  docker-entrypoint.d  docker-entrypoint.sh  etc  home  lib  lib64  media  mnt  opt  proc  root  run  sbin  srv  sys  tmp  usr  var

まとめ

意外とコンテナーに接続するケースは多いので覚えておくとよいと思います。

-Azure
-